ナノコンポジットFは、ナノコンポジットWの研究成果と実績をもとに、極限まで「長持ち」と「汚れにくさ」の両立を追求した製品です。

超耐候性
紫外線による劣化に強い

西表島暴露場でのフッ素樹脂塗料の耐候性比較

西表島暴露場での過酷な評価とデータの信頼性

信頼性のおけるデータとして実際の暴露結果にまさるデータはありません。
水谷ペイントは、大阪本社、西表島の2箇所に暴露場を持っています。
西表島暴露場では日射量や降雨量も多く、海辺に
近いという過酷な条件下にあるため短期間で耐候性を評価できます。
さらに、暴露する試験板の角度を水平近くに設定することで、
より過酷な試験条件となり、早期で最も信頼のおける
データを採取しています。

超低汚染性
キレイが長持ち

※写真はナノコンポジットWの実績です。

雨筋汚染評価試験結果(大阪暴露6ヵ月)

一般的にフッ素樹脂塗料は静電気が溜まり易いため
汚れが付着しやすい傾向があります。
ナノコンポジットFはフッ素樹脂ハイブリッドにも関わらず
ナノコンポジットW同等の超低汚染性を発現します。

ナノコンポジットFハセルフクリーニング機能により汚れの付着を防ぎます。

  • 緻密に分散したシリカ粒子が
    汚れの侵入をブロック!
  • 親水性の塗膜が
    降雨により汚れを洗い流す!
  • シリカ粒子が静電気の
    帯電を防ぎ汚れの付着を防止!

美しい仕上がり外観

ナノコンポジットFは、光沢を抑えた艶消塗料です。
新築のような上品で落ち着いた外観を提供します。

  • ナノコンポジットFは消泡性とレベリング性に優れた粘度調整により、美しい仕上がり面を提供します。
  • 塗料によってはローラーの凹凸が出やすいものや泡の跡が残りやすいものがある。

地球温暖化対策

ナノテクノロジーが環境対応と
機能性を両立させました。

樹脂には一般的に石油系資源が使用されています。
石油系資源は、枯渇のおそれがある上、加工の際、多量のCO2(温室効果ガス)を発生させるため、使用が問題視されています。
ナノコンポジットエマルションは、石油系資源の中に無機成分であるシリカを内包することで石油系資源を削減し、これにより地球温暖化対策を可能にしました。

防火認定材料

ナノコンポジットシリーズの塗膜は
燃えにくく、防火認定材料として認定されています。

  • NM-8585/不燃材料
  • QM-9816/準不燃材料
  • RM-9364/難燃材料

速乾性

無機成分が均一かつ緻密に分散されていますので
従来の水系塗料では不可能であった速乾性を実現しました。

防カビ・防藻性

長時間にわたりカビを寄せ付けません。
もちろん藻に対しても優れた効果を発揮します。

藻抵抗性試験の結果

一液常温架橋による強靱塗膜

ナノテクノロジーによる全く新しい架橋システムです。

DATA DOWNLOAD

この製品のカタログ、SDSをダウンロードする事ができます。
(閲覧にAdobe Readerが必要です)

PAGE TOP